勉強と生活を学童で両立させる
2017.06.21

女の子共働き世代の助け舟と言えば学童保育でしょう。
しかし、学童保育と言っても様々でいろんな種類の施設があります。
今回はそんな学童についてお話していきましょう。

◆公共の学童施設では物足りない?
げんざい、学童施設は公共と民間の2種類があります。
公共の学童に関しては無料ではあるもののイマイチ預けている間の内容(プログラム)がイマイチよくないという意見も多いのは事実です。
しっかりと子供たちの面倒は見てくれているものの、あくまでも放課後子どもたちが遊んでいるのを見守るレベルなのです。
そこでそんな放課後の学童では物足りない親たちが目を付けたのが民間の学童施設なのです。民間の学童施設は本当に種類が豊富です。さて、どんなものがあるのでしょうか?

◆民間の学童施設は種類が豊富
良く調べてみると本当に放課後の学童は種類が豊富です。
民間企業がやっているということもあり、英語を主体に教えながら子供たちの面倒を見る施設もあれば、なんと最近では大手学習塾が運営している民間学童まであるとのこと。
ここまで来たらもうすごいですね。
今までの公共の学童であれば、基本そういった学習面でのサポートはしてくれませんでした。
しかし、こういった民間の学童になると勉強はもちろん、宿題なんかも優先的にさせてくれるというのですから、親目線からすれば助かる事この上ないですよね。
そして料金もだいたい、2万円~5万円だそうです。
中には夏休みの学童や冬休みの学童まで開いている施設もあるようなのでその辺も含めると大きく料金が変動してしまいますね。
また進路指導の相談を行っている学童もあるようなのでいいところが見つかれば確認してみるのもいいですね。

◆民間の学童を選ぶ上での注意点
このようにいろんな民間の学童が出てくる中で注意しておきたいことがいくつかあります。
1つは基本料金以外にどんなオプション料金がかかるかを聞いておくことです。
延長料金はもちろんのこと、夏休みの学童や冬休みの学童がいくらくらいするのかも重要ですよね。
後は肝心の中身の確認も忘れずにしましょう。体験学習などがあれば参加しておいた方が良いです。
学童で出来る習い事とその講師(先生)のレベルは重要です。せっかくお金を払うのですからより良い講師にお願いしたいのは当然でしょう。
またどこまで学習を見てくれるのか、宿題や予習などの兼ね合いもしっかり確認しておきましょう。
また中には進路指導をしてくれる学童もあるようです。
このようにいろんな民間の学童が増えてきています。
お金を払って通わせるからにはしっかりとしたところに通わせましょう。

▲ ページトップへ