家での勉強は喧嘩しちゃう!
2017.06.21

外国人家庭内でもよく問題になっているのが子供たちの勉強問題です。
もちろん親が子供の勉強を見ることになるのですが、自分は問題が解けてしまうためどうしても問題の分からない子供に怒り口調の言い方になってしまいます。
そこで子供との間に溝が出来て喧嘩に発展してしまうのですね。
どうすれば解決できるでしょうか?

◆家で教える事の難しさ
勉強を教えるというのは非常に難しい事です。
自らも経験があるでしょうが、怒られて勉強をしてもその場しのぎで結局嫌々ながら勉強をしているだけで結局何も身にはついていないのです。
勉強の教え方という面においては親の努力でもなんとかなります。
しかし、その勉強を教えるというのも自分たちが仕事から帰ってきて疲れている中で教えているのでどうしてもちょっとしたことでイライラしがちです。
そうなるようであれば、民間の学童に預けるのも一つの手段ではないでしょうか?

◆民間の学童は優秀!?
最近の民間の学童の教育プログラムは本当にすごいです。
全国何万件という学童がありますが個々に得意分野を打ち出してきており、スポーツを優先させるような学童もあれば、学校の授業の予習復習はたまた宿題などをさせる学童まであるぐらいです。
料金はかかりますが、もし子供に勉強してほしいという気持ちがあるようであれば、こういった民間の学童に預けてみるのもいいかもしれませんね。
家で喧嘩して家族仲が悪くなるよりはその方が子供も気が楽かもしれません。
また外で勉強した方が子供たちものびのびとできるので無駄なストレスを貯め込まないというメリットもありますね。
近年では有名な塾や団体が民間の学童を立ち上げているところも多いです。
そしてその団体ごとに特色がありますので、どの分野に子供を進めるかは子供と親とで話し合わなければいけませんね。

◆進路指導もしてくれる!?
民間の学童ともなると子供の将来に向けて進路指導も学童でしてくれるところがあるようなのです。まぁ料金はかかるのですが、小学生の時から進路指導を学童でしてくれるというのもすごいお話ですね。
このように家で喧嘩しない為には一時的にでも民間の学童に預けてみるのもいいかもしれませんね。
もし、本人の居心地がいいのであればそのまま通わせればいいですし、無理なようであれば学童を辞めればいいだけです。
近年の子供たちは昔とは違い、こちらが頭ごなしに怒っても納得をしようとはしません。
そうなればすぐ喧嘩になるだけです。
喧嘩をすること自体が悪い事ではないですが、どうしてもうまくいかないときは外部の期間を頼ることも悪くはないでしょう。

▲ ページトップへ