受験に近道!?学童の選び方
2017.06.21

ポニーテール小学校に入り次はあっという間に中学生になります。
そしてその次はもう高校生です。
そんな中で小学校入学前に考えておかなければいけない事があります。
それは、お受験についてです。
中学受験か高校受験など今後をどうしていくかを話し合わなければいけません。
もし中学校受験をさせるなら、という前提で今回はお話をしていきたいと思います。

◆学童の選び方は非常に重要
もし中学受験を受けさせようとしているのであれば、小学生に入った時点から戦いは始まっています。
そうなると当然公共の学童に通わせはおけません。
公共の学童というのは親が仕事から帰ってくるまでの居場所でしかないのです。
勉強や宿題というのはほとんどしません。
子供たちは精一杯走り回り遊びまわり家に帰ったらぐったり寝てしまいます。
そんな環境ではいつまでも勉強なんてできないですよね。
そこで中学受験に向けて大切なのは公共の学童保育です。
この放課後の学童をいかに有効活用できるかが勝負の分かれ目となるでしょう。
ではどんな学童を選べばいいのでしょうか?

◆どんな学童がいいのか?
メインは受けさせたい受験する学校の特色をしっかり考えて選ぶと良いでしょう。
例えば、受験する学校は英語が強いようであれば、英語のお勉強ができる民間の学童が良いでしょう。
学童と言ってもたくさんの種類があるのです。
勉強以外でもスポーツ関係に強い学童もあるそうです。
ただ、その分料金がかかってきてしまいますが、共働きなどであれば得に問題はないでしょう。
自分たちの今後に合う学童を選びましょう。

◆学童に預けて後悔しない選び方とは
正直なところ、自分たちの気に入った学童に入れる人たちはほんの一握りしかいないでしょう。
その理由というのが、自分が住んでいる近くに自分好みの民間の学童がない可能性があるという事です。
かといって、無理に別のところに通わせるのも大変です。
まず帰りは迎えに行ってあげられますが、学童に入れる時点で大抵は共働きなので、小学校が終わって学童に向く際は一人でいかなければいけないのです。
そうなってくると通いまでの安全面も心配しなければいけませんし、学童には夏休みの学童や冬休みの学童もあるでしょう。
それらの送迎も考えると親にもかなりの負担がかかってくるのは違いありません。
ということは基本的には全体的な流れも把握したうえでどこの学童にするかを決めた方が良いでしょう。
一度入るとなかなか出にくいですし、次に入りにくいのが学童です。
しっかりと考えて行動していきましょう。
また場所によっては進路指導を行ってくれる学童もありますので受験にとってはとても便利がいいですね。
この学童の選び方1つで受験への道が大きく変わっていくでしょう。

▲ ページトップへ